中古車の購入時に気を付けること

中古車の購入時に気を付けることとして、まずは初年度つまり最初の新車新規登録時から何年程度経過しているのかという点は注意してみる必要があります。

なぜならば、初年度から年月が経過している分だけ自動車そのものも相応に故障が生じたりあるいは部品の交換が必要になったりすることが考えられるからです。
また、費用面でも高額になるケースがあります。

日本経済新聞に関する問題解決をサポートいたします。

たとえば、ディーゼル車であれば初年度登録から11年経過で、またガソリン車の場合は初年度登録から13年経過で、それぞれ自動車税が1割程度重加算されます。


つまり維持費の負担が重くなるということです。

中古車の場合はさらにその中古車自体が事故歴などがないかどうかも重要になります。事故歴などがあるものについては、中古車販売業者側から必ず説明がありますので、その説明を聞いたうえで判断する必要があります。その事故の際にどこを修理したのかなども聞くべき点になります。



これらの注意するべき点は中古車特有の問題ではありますので、これらの点を踏まえた上で購入の可否を判断することが大切になります。

また、車検が近いのかどうか、前の所有者が自動車税を滞納していないかどうかも重要なポイントになります。


もし前の所有者が自動車税を滞納している場合には、一時抹消登録を業者に依頼してその後に新しいナンバープレートを付けて乗るようにするなどの対応が必要になります。

有名な中古車について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

前の人の自動車税をなぜ払わないといけないのか、購入者からすれば意味不明だからです。